息子の記録 -ALBUSとnohana-

いろんなアプリがある中で

息子の写真を、スマホの画面だけでなく紙で残したい!!!

と思い、私が使っているアプリがALBUSとnohana 。

どんな感じのアプリかと、お値段(あくまでも私の場合の)を簡単にご紹介します。

ましかくアルバム

まず、ALBUS。

毎月9枚まで、好きな画像を無料で正方形の写真にして送ってもらえるというもの。

・ましかくで可愛い

・画質も普通に綺麗

・見出し的な写真(2019 Mayみたいな)が付いてくるのでアルバムに整理する時に便利

・なんといっても無料

なのが私にとってのメリット。

ましかくなのが可愛いけど、画像を正方形におさめなきゃいけないので、

長方形の写真で育ってきた私には少しだけ違和感+小さく感じる。

でもやっぱり無料なので文句なし。笑

お友達を紹介すると無料でもう一枚送ってもらえるので、うまく使えば沢山写真をもらえるようです。

アルバムは、楽天で見つけた真四角写真用のものを使っています。

ALBUSでも専用のアルバムを購入できるのですが、こちらの方が安い(キャンペーン中を除く)し、台紙が茶色いのが可愛いなぁ文字書けるなぁと思い、こちらを選びました。

約一年半使って、最近3冊目に突入。

トータルの値段は、写真代¥0+送料¥220くらい。

個人的にはとても満足です。


冊子で両親にも

次に、nohana 。

20枚写真を選び、それを冊子にしてもらえるアプリ。

背表紙と表紙写真の下にタイトルを入れられます(黒で消してある部分)。

選んだ写真に30文字以内でコメントを付けられます。

写真の順番やコメント等の編集が簡単なのが魅力です。

私は1番安いノーマルタイプなので少し画質が荒いのですが、画質をより良くしたりもっと丈夫な紙で作ったりなどオプションも色々選べます。

我が家は自分たち+私の実家+夫の実家の3箇所に1冊ずつ送っているのですが、

有料フォトブック¥550×3冊

送料¥275×3

上記を出した金額から、

毎月1冊無料クーポン+2箇所目以降送料半額

というサービスを使って、毎月¥1,649です。

両親たちにはかなり好評なので、毎月の親孝行にオススメ。

ノーマルの冊子は紙も割と薄めですが、透明のフィルムに入って送られてくるので、そのフィルムを捨てずにそのまま冊子を入れて本棚で保管しています。

見返す楽しさ

他のアプリを使ったことがないのでこの二つのアプリの価格が高めなのか安めなのか普通なのか分からず使っています笑

スマホの写真だと、昔のものを見たい時にめちゃくちゃスクロールしなきゃいけないけど、アルバムや冊子だとパラパラっと見て昔を振り返ることができるので、手軽だし、やっぱりアルバムっていう重みが素敵(個人的意見)。

ただ最近は注文を忘れがちなので、特にnohana は2ヶ月に一回ペースになりつつあります笑

自分のペースでストレスフリーでやることが大事かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA